Author: 島原 真

日本では、合法化された賭博行為がいくつかあるものの、多くは今でも違法です。違法カジノはやくざが経営していると言われています。また、伝統的なゲームの多くでも、賭けが行われます。いくつかの研究では、雀荘がやくざとつながっていて、借金の回収に使われていることも分かっています。現在では、モバイルゲームが流行っており、ギャンブル系として有名なサイトやアプリもあります。「Rock-paper-scissor」は、人気のオンラインギャンブルゲームの1つです。日本政府は、カジノ活動を監督すべく、2020年1月7日にカジノ管理委員会を発足させました。同委員会は、賭博行為の統制と管理を唯一の目的としています。内閣府の外局として設置され、カジノ活動の把握、カジノの営業許可証発行と取消、また問題が発生した場合の調査などを行います。

最も人気のある賭博ゲーム -

日本で最も人気の賭博ゲームはパチンコです。パチンコは元々、日本の機械ゲームで、リラックスしてプレイできるピンボールゲームとして開発されました。オリジナリティに溢れており、日本全国で人気を集めています。パチンコ台はエンターテイメント性も高く、とても好感が持ちやすくなっています。 最も人気のある賭博ゲーム -

観光客に人気のギャンブル -

政府公認のギャンブルでも、観光客は十分に楽しむことができるため、違法賭博や闇カジノには近づいてはいけません。日本中央競馬会は多くの競馬場を持っており、観光客がギャンブルするには最適です。日本でギャンブルするなら、競馬がベストです。もう1つのベストオプションは、オンラインポータルです。現地の通貨で競馬やビンゴに参加できます。また、日本ではカジノバーも展開されています。これらは合法のカジノで、通常営業時間が決まっていて、朝まで営業はしていません。

観光客が知っておくべき法律 -

一部の合法賭博を除き、ほとんどの賭博行為は刑法第23章の違法行為に当てはまります。パチンコでは、直接現金交換することはできません。同様に、雀荘でも賭け麻雀は禁止されています。スポーツ賭博をする際は、パリミュチュエル方式に沿って行うことを覚えておいてください。観光客が楽しめるオンラインゲームもあります。 観光客が知っておくべき法律 -

まとめ -

2015年、日本の国会で「統合型リゾート(IR)推進法」が提案されました。統合型リゾートとは、ショッピングモール、映画館、ホテル、カジノが一体になったものです。同法の主な目的の一つは、観光産業への貢献です。複合的なカジノ施設で日本の観光地に多くの観光客を呼び込み、日本経済の成長にもつながるということです。2018年7月末には法案が承認されました。そして法律に基づき、国内でカジノの営業が許可されるようになりました。一方、同法律により、多くの規制も導入されました。...